--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-31

ポカラ編 今年1番の恐怖

俺達のいるポカラは年末のフェスティバルに入り、


メインストリートは歩行者天国となり大勢の人が集まりだしていた。




「あっ、遊園地ができてるっ! 」


暗闇の中に確かに遊園地だ。



愛ちゃん

「動いてる~」


歌声に観客の歓声が響いている。

(あの会場はどうやって行くんだ。。?)



人の流れに連れていくと、入口があった。


ポスターなど貼ってある。

(なるほど、コンサートのポスターだ)


何度か街中で目にしていたポスターだった。



チケット売り場の男
「1人、入場料100ルピー(100円)」



「えっ、100ルピーだけ?」



「愛ちゃん、せっかくここまで歩いてきたし、入ろっか!」


愛ちゃん

「うん」




実は最近、足の裏が悪い。


腫瘍を取る手術を半年前にしたばかりだが、



再発だ。


激しいトレッキングが終わり、気がついたら痛くなっていた。




満身創痍の俺が、





今年1番の恐怖を味わう事になろうとは。。



入口の男がチケットの紙を横に破った。


遊園地の方に気づけば足を進めてた。




「おおっ! バイキングだ!バイキング!!」


スカイシップが闇夜の中、豪快に飛び交っていた。


他にも観覧車みたいだが、グルグル回って怖そうなのも見える。



んっ、



チケット売り場だ、



きっとスカイシップのに違いない。

(気になる。。。)


女性は70ルピー(70円)と答えた。

(高くないな。。安いと言えば安い。。)




「愛ちゃん乗らへん?」


愛ちゃん
「えっ?!  う~ん。。いいで!」



ペラペラのチケットを握り締め、いざスカイシップに。


スカイシップは動いていた、


2、30人位だろうか、そこそこ乗っている。



奥でこっちに来いと招いている、


所謂、スカイシップで1番怖い席付近であった。



船が本格的に動き出した、、というか、もう動き出していたのだ!!


気がつけば招かれた怖い席に座っていた。



隣の席のネパール人

「いやぁ~面白いね~実に面白い!」


正に今から始まる船の乱舞を期待している、、




あれっ?!



そういえば、手すりとか、安全バーとかは???




ああっ!


舟の動きが本格的に。。。!



角度が深くなっていくっ!



隣のネパール人
「お前、イスのここを持て、掴めっ!!」


(ここを?!)
横1枚の皆が座ってるこの板の辺りを掴めと言っているっ!!!





「愛ちゃん、ここ、ここを掴まないとヤバイっ!!」



愛ちゃん
「嘘でしょっ! こわい~」




俺も正直怖い!! 



正に落ち着く暇もないままに恐怖の最中にいる。



角度がかなり深くなってきた、イスを持つ手に力が入った。




(今この手を離したら。。)

死ぬっ! 間違いなく大惨事になる!



隣のネパール人は楽しそうだが、俺は青ざめてきた。



(早く終わってくれっ! 頼むっ!!!)




俺、愛ちゃん

「長い~こわい~」



全然終わらない。。




腕もパンパンになりそうだ、、




俺も愛ちゃんも無言で角度が深くなる瞬間、



上手く力を入れシップ慣れしてきた頃だった。。






あっ、




角度が1番深かった。






「カタッ!!!」




俺達の座り持っていた板が微かに浮いた。






「浮いた、浮いた! ヤバイ、怖い。」


愛ちゃん
「こわいょ~」





もう本当に怖くなった。


ただ終わるのを望んだ。






隣のネパール人「あ~あ、70ルピー無くなっちまったなぁ~」



そうボヤいて船を降りていった。





どっと魂抜かれたよう疲れた。





背中の向こうでスカイシップは次の客を乗せ動き出していた。





舟の端っこにいる人達は立ったまま乗っていて、



乗車オーバーしているのか、船の動きが鈍くみえた。




「下手なお化け屋敷とか行くよりバイキングの方がこえぇなぁ。。」



愛ちゃん
「あぁ、こわかったよ~」





生きた心地のしなかった出来事だった。


IN ポカラ 2013
スポンサーサイト

2013-04-16

沖縄 久米島編


プオォーーーーーー!



船が久米島に着きそうだった。


少し強い風を受けながら海を見ていた。



あっ!



鯨だっ!! 鯨は潮を吹き、ゆっくりと姿を現した!

子供鯨だ。




無料のキャンプ場は港からは4キロ位ありそうだった。


買い込んだ食べ物や荷物の多さ。。

(絶対に歩いては辿りつけんなぁ。。。)


誰かに拾ってもらえるのを期待しつつ歩き始めた。



ん。。ウォーキングをしているおばさん達に声をかけてみる。


俺「すいません~シンリ浜ってどこですか?」
   (笑顔大切。。)



おばさん達は強烈な俺の荷物を見るなり目を合わせた。


おばさん1「あんた、車だしてあげねぁよ!」


おばさん2「そうだねぇ~」



沖縄の人って、本当に優しい。


無事に目的のキャンプ場に辿りついた。



キャンプ場の目の前には青い海が広がり、


満ち潮と引き潮では景色を変えた。


引き潮の時は岩場が浮かび上がり、アオサの緑が鮮やかに広がる。


近くの飛行場から青空に飛び立った。


のんびり、ゆっくりできそうな場所であった。





テントを張って4日目、風の強い朝3時頃、、



ビユゥウゥゥ~



突然強い風がテントを揺さぶった、


テントの骨組みが倒れる程、曲がって俺のおでこに当たった。

(なんだっ!台風でもやってきてるのか?!)


さらに激しい風が吹き荒れてきた、



んっ、?!


ポツリポッリ、、


雨だ!!

(この安いテントじゃ、雨風はしのげない。。!!)



まだ外は暗い中、テントをたたみ始め、


近くの建物に荷物やテントをダツシュで運び激しい雨風を見ていた。


空が明るくなっても止む気配はなさそうだ。



突然、出来事は起こった!!



いつも東からか海からの南風が吹き荒れていたが、



風が一瞬止まった、



そして、西からの強烈な突風が吹き荒れた瞬間、



落ち葉や芝生の含んだ水が風に乗り、渦を巻いた。




「ホワイトトルネード」降臨





わ、わわっ、、


竜巻だっ!!! で、でかい!

(ヤバイっ、こっちに来る~!)




俺は壁にカカシの様に張り付いた。



ドビユゥウゥウゥ~!!!! 



足元にあった、箸やら、ザルやら何かが飛んでいってる!



雨風が激しく目も開けれない、必死にしがみついた。



生きてる、、

(ふぅぅ~ 危なかった、怖かった。。)




その竜巻は近くに停めてた車を2台ひっくり返して去っていった。


ずぶ濡れになった物を広げ干していると、




島のお爺、徳さんに俺は拾われ、数日お世話になることになった。



徳さんはブルーシール(沖縄で有名なアイス)の卸しをしていた。


いくつかの店を回り、一緒にアイスを補充して手伝い。



徳さんは車で島を何周もしてくれた。




そんな中、


キュランダ以来、リバーサイドビレッチの村長と奥さんに再会。


沖縄には食べれる野草がたくさんあるのだ、



徳さんは俺と奥さんを野草ツアーに連れていってくれた。



村長はしっかりとサトウキビ工場で働いていた。


(俺も働かないとな。。)



しばらく仕事から離れてしまった。


そろそろ気合い入れていこう。




帰りのフェリーでも鯨が運良く見れた。



最近、色々な事を考えている。


先のこと。


もっと、しっかり、ちゃんと考えていこうと思う。



とりあえず仕事に励みます、今年も立山で働きます。



ちゃんと前をみて、笑顔で生きていきたい。



その先に幸せが待ってると信じて。


頑張っていきます!!!

2013-04-01

日本 沖縄編 1


那覇で有名な月光荘に向かった。
(きっと面白い出会いがあるはずだ。。!)


近くでの音楽イベントに顔を出すと、、

(お、おぉぉ!! さ、侍っ!!)



なんと髷を結ってる男がいるっ!!!


オーストラリアで侍鈴木と過ごしていたが、沖縄にも侍が!



早速話しかけてみる、



沖縄の侍「あ~さちおちゃんね~元気してた??」


侍鈴木の知り合いであった。



髷を結ってる人は日本で3人しかいないと聞いていたが、


偶然にも2人目に出会ったのだ。


次の日、月光荘でゆっくりしていると、



いきなり俺の元に1人の男が走ってやってきた。





謎の男「あ、あの上に置いてある炎剣って君の?」


俺「うん、始めたばかりなんよ~」



ひー君と名乗る彼は俺のファイヤーソードを舐めるように見入っていた。


ひー君「こんな凄い出来の炎剣はみたことないよ、欲しいなぁ~」


ひー君「今夜、一緒にバスキングしようよ!」



奥さんのちなっちゃんを紹介してくれた、



背には2人の子、1歳になる炎(ほう)君が泣いていた。



音を奏でる、ちなっちゃん。


笛や電子サックス、スピーカー、装備は完璧だ!
(生音かぁ!楽しみだ。。)



そして、もう1人アメリカ人女性、ブリタニーとも知り合い、


さっき知り合ったばかりの4人組バスキング生活が沖縄で始まった。


ひー君の巧さ、ちなっちゃんの生音にはびっくりした。




構成はひー君のロングスタッフから始まり、そしてダブルスタッフ、


その火を俺とブリタニーがポイで引き続き、


後からひー君もポイで加わり3人で魅せる。



最後にはひー君の火吹き、そして火を食べるという締め。



火を食べる人がいるのは知っていたが、目の前で見るインパクトは凄かった。



ブリタニーはアメリカ全土でバスキングをしてきた強者で、


女の子でこんな上手い子は初めてで、俺も負けてはいられない。




那覇では国際通り、北谷に遠征、色んな場所でバスキングをした。



昼間はミーティングをし、ポイでの2人、3人の合体技を考え、


時には警察も呼ばれもしたが、どんどんいいものを見せる事ができた。



カゴの中にはお札も結構あり、いい時は1回で1万円近くにもなった。


皆と別れが近づいた。



俺「ひー君のダブルスタッフって綺麗よなぁ~」


俺は心底、ひー君のダブルスタッフの火が好きになっていた。



ひー君「なべちゃん、このダブルスタッフあげるよ!!」


俺「いやっ、そんな悪いって!」


ひー君「なべちゃん、一緒に回してくれてありがとう、あげるよ!」



今まで色んな火使いに出会ってきたが、ひー君は特別なものがあった。



彼から火を奪ってしまったら、彼は死んでしまうと思った。



それほど、ひー君にとって火とは全てなんだなって。



俺「俺はさぼりだけど、ゆっくりやっていくよ!ありがとう!!」



俺は、ひー君のダブルスタッフを譲り受けた。



ひー君と、ちなっちゃんと、炎君ファミリーは春から旅に出る。


オランダまでバスキングしながら流れていくみたいだ。


火と音と共に素晴らしい旅になることを祈ってるよ、




本当にありがとう。




沖縄にきて、新たにダブルスタッフを手に入れた。


それは運命だったのか、神のみぞ知る事だが、


ポイ、ファイヤーソード、ダブルスタッフ。



ゆっくり、楽しく、一生付き合っていこうと思う。



俺は無料のキャンプ場があるという、


久米島行きのフェリーに飛び乗った。



久米島で信じられない出来事が起こるのであった。。。










2013-03-28

師匠の元に編。


オーストラリア、シドニーのバスキングのレベルは高くなっていた。


正直、ポイ1本だけでは厳しいと今回の旅で痛感した。




日本に帰ってきて早速、神奈川に。


俺のポイの師匠、ゆうき君の元に久しぶりに修行しに、


その俺の片手には師匠から貰ったファイヤーソードが握られていた。



師匠ゆうき君はファイヤーソードの特許を申請し、


正に今から売り始めるところであった。


http://goqoobrand.wix.com/home 師匠が作るファイヤーソードのhp



師匠とあゆちゃんの子、初めて会う風丸君。



少し慣れてくれたかな。


将来とんでもない火使いになることだろう。。





とりあえず1000回、素振りしたら分かってくるからと指南。



師匠が仕事行ってる間にコツコツと素振り。

(ん、んん、今、、何回目だっけ。。。??)




結局、1300回位素振りしたと思う。



腕はパンパン、超~筋肉痛!!



師匠「なべ~剣に名前付けて大切に使っていけよ!」



俺「うん、わかった~」




ファイヤーソードに名前を付けました。



「蛍丸」(ホタルまる)




ポイとファイヤーソードと。


楽しく、ゆっくりと付き合っていきたいと思います。





そして俺は沖縄に旅に出ることにした。


沖縄での色々な出会いが待っているのだ。。



2013-03-08

オーストラリア 最終章


シドニーでは数人だが,

バスキング(路上でパフォーマンス)してる日本人がいた。



侍の噂をとうとう耳にし、キングスクロスの宿を侍探し。


1件目でビンゴ!



少しの間,離れただけなのに妙に懐かしく、侍に抱きついた。

侍も嬉しそうだ。



聞くと、侍は街中のモールには出向かず、


なんとキングスクロスだけでバスキングをしているらしい。


調子が良い時は300$も稼いでるみたいだ。
(すごい、流石は侍。。!)



早速、俺もバスキング免許を取得しにいく。


火を使うパフォーマンスは更に特別免許が必要で、


オーディションを受けなければならないらしく、


電話すると予約が2週間以上も埋まってる状態。
(くそ~予想外だ~。。)



俺にはオーストラリアに滞在できる時間も限られていた。


ライトPOIで勝負するしかないが、正直ライトじゃインパクトが弱い。



そんな中、

偶然スーパーのレジで知り合ったジャンベ使いのソウヘイ君と意気投合。


ジャンベとライトPOIでの深夜バスキングが始まった。


色んな場所でコツコツと、時には火をつけて怒られ、


時には酔っ払いの相手をしながら頑張った。



ソウヘイ君は本当にゆるい男でガッツリやることを嫌う。


正にゆっくり、楽しく、のんびりと。


侍の稼ぎには全然適わなかったが、




ソウヘイ君とバスキングできて楽しかった!ありがとう!!


またいつかどこかでコンビ組もうな!!




昼間にたまに侍の宿に遊びに行った。



相変わらず侍の海パンはそれはボロボロでケツの割れ目がいつも見えていた。




侍「なべちゃん、シドニーでも泳いでるのか?」


侍が聞いてきた。



俺「いや、っていうか、泳ぐ所あるの??」


侍「俺なんて毎日泳いでいるよ、当たり前じゃんかよ、」


侍「俺のプライベートビーチを紹介しようじゃないか~!」




これが侍と最後に遊んだ時間だった。




侍の案内に付いていくと、侍が俺の麦わら帽子を貸してくれと言う、



侍は帽子を被り、窓に映る自分を見て、


侍「お~以外と似合うじゃないか~」


俺「あげよっか、侍?」


侍「いやっ、いらないよ。。」



シドニーはそれは人に溢れている時期だった、


侍は少し、人の視線や声かけや面倒臭くなってる様子だった。


今現在、髷を結ってる日本人は3人と侍が言っていた。


半端な気持ちじゃ絶対できない事をしてる人間なんだ。




侍「着いたぞ~わがプライベートビーチにようこそ!」


俺「えっ?! ここ? こんなに近くなんだ~?」



階段を下りると、幅1m位のビーチ。
(せまっ!よくこんなとこ見つけたなぁ~。。)


侍「よし、脱げっ! 泳ぐぞ~!!」



よく見ると近くに海に併設されたテラスで食事してる人達が結構見える。


俺「侍、ここはさすがにちょっとまずいっしょ~」



ビーチと言うより、船やヨットが浮かぶ入江。



俺は実は平泳ぎしか出来ないのである。


だからいつも足がつかない位までは海は入るけど、それ以上は踏み込まない。



でも侍といるといつもより普段いけない所まで何か行けるんだ。



侍「あの船まで泳ぐぞ~!」


俺「おぉ~船パクろうパクろう~」




深い海の色に変わる、高そうな船にたどり着いた。


侍「なべちゃん、この船、動かしてみようか!」


侍「これで世界を回れるんじゃないのか!!」



侍が船に登ろうとする。。




はっ! 

俺「侍っ! 何かある!!」



丸く見たことのない機械が船の階段の上段に付いている!!



俺「何かビームとか出ないよね?!」



侍「音とかでるやつかもな~!」



急に身体が冷えてきた、ちょっと泳ぐには寒い日だった。



俺「戻ろう~侍っ!俺、寒くてしんどい」



その船がもし乗れて動いたら俺達はどんな船旅してたんだろうって思う。


きっと侍がその船をどこかにぶつけるか乗り上げるかそんなオチだろうけど。


侍がどこかからシャンペンのコルクを拾ってきた。


そのコルクでひたすらキャッチボールした。



侍「連続20回続かないと帰らないぞ~」


俺「っていうか、侍、コントロール悪いよ~」



侍とはこの日が最後、すれ違いでさよなら言えなかった。



今回の旅はずっと侍と一緒だったな~。


まじ楽しかった!


変わらず、そのまんまの侍道、突き進んでほしい! 


ありがとう!侍~!!




さて、次の俺の行く国は。。。



急遽日本に帰ります!!

会いたい人に、行きたい場所にいくのが旅っしょ~!!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。