--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-15

オーストラリア 7 INバイロンベイ編



侍は毎晩、髷を結い働きに行っていた、



こないだのキャンピングカー事件のお金をしのちゃんに返す為もあるからだ、



順調に稼いでいるようで返すのも時間の問題だろう。




毎晩起こす焚き火がどんどん大きくなっていった。



5人で気合を入れてでかい木を運んできては燃した。



毎日、宿代が浮いているから



ご飯は贅沢にとある日、鳥を1羽焼いて食べようって事になった。




料理長、国くん。



みんなで木を組み土台を作る、



土台ができて次は


鳥のケツに木を突っ込みその木を土台に掛け吊るす。


モンスターハンターの肉焼きの実写版である。



3時間も遠火で焼きに焼き、気が付くと辺りは真っ暗だった。



みんな「美味い!! 美味しい!!!」



外はパリパリ中はジューシー信じられない美味さであった。


おけいはんは毎日ジェラートアイスに夢中だ、


20種類以上ある中からいつも2つ選び食べていた、


美味いが甘すぎて甘すぎて、



でも選ぶという行為が1番楽しい時間で結局俺も買ってしまうのだ。




アヤちゃんの車でヒッピータウン「ニンビン」に日帰りで出掛ける事となった。


その朝、ブッシュを出て細道を歩き待ち合わせ場所に向かう途中、



んっ、、あっちから3人歩いてくる、


挨拶してきた、い、いやっ!



警察手帳を見せてきた!

ポリス「全員、持ち物検査だ!」




とうとうこのブッシュマンズキャンプにも警察の手が伸びてきたのだ。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。