--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-11

オーストラリア 6 INバイロンベイ



ホワイトヘブンを後にした俺達は、



25時間バスに乗り続け、聖地バイロンベイに着いた。


バス代は2万円、今のオーストラリアは非常に高くなっている。



ちょうど近くにいたユウスケ君が迎えに来てくれた



今、侍と国くんと3人でブッシュキャンプしてるようだ!



線路道を歩く、
(いったいどこまで歩くんだ。。)


ジリジリと暑い、汗がにじみ出る。



細道を通りブッシュに入っていく、



ここかぁ!!



(あっ、侍っ!)

侍が普段は見せない嬉しそうな笑顔で迎い入れてくれた。



ここが第2の村、その名もブッシュマンズキャンプ。



ユウスケ君と国くんと侍で新曲を作っていて、


なにやら楽しそうにすごしているようだ。



歩いて1分、目の前には海が広がる。


サーファーが波に乗り、トップレスの美女が歩いている、



こんな最高な場所に無料で住めるなんて!



問題は水汲みが遠いのと、あとは虫が多いってことだった。



相変わらず侍は毎日泳いでいる、本当に気軽に泳げるのだ、


日によって違うが波が強烈な日は何度もふっ飛ばされ海水を飲んだ。


食べた食器を海水で洗うのが日課であった。



生活に馴染んできた頃、ユウスケ君と国くんが虫に刺されたと言う、



米粒位のダニで刺し方が見たことも聞いたこともない虫だった。



刺された2人はヤバイのがいるんだよと話している、


頭と2つの角?を体内に突き刺し、どんどん身体を侵食し、


米粒大の身体だけが表面に残る。


その身体を掴み取るのだが、肉が伸びるほど引っ張らないと取れないらしい。



侍はその話を聞いていたが全く刺されていないようだ。


俺もおけいはんも、まだその時は刺されていなかった。



朝みんな自然に起きて、みんなで泳ぐことが多くなってきた頃、




ふと、違和感を感じた。。。



なんか、お尻の穴の辺りがチクチクする、、

(まさかな。。。)



おけいはんに鏡を借り、見てみるが、よく見えない、

(穴にだいぶ近いぞ。。オデキのような物が出来てる。。)



こんなの全然今まで無かったぞ、、

(見えない。。、だめだ、でもなんか痛い。。。)



おけいはんを呼び、


ユウスケ君にも国くんにも来てもらって見てもらう、



M字開脚して見てもらう、(恥ずかしいとか言ってられない!)



皆が、例のダニだと言う!!

(またなんて所に刺してくれたんだっ!)



穴から1cm位の場所で一人で奮闘したが場所が場所だけにすんごい痛い!



なかなか取れない!



中途半端さが良くなくて、引っ張った後にダニは深くに攻めてくるのだ。



(痛、イタタタ~う、ううう~ん!! ぐぅ~いてぇ~)



本気でいかないと抜けないっ!!!


と、取れたっ!!!



俺「ちょっと海で消毒してくるわ~」



海から上がり、ゆっくりしていると。。。



ん、




んんん?



また何か違和感を感じた。。。



今度は前だ、オイラの息子辺りが気になるぞ、、、、

(まさか、まさかなぁ、、)



ズボンをちょっと下げ、根元を見てみると、、居たっ!



もう勘弁してくれよ、なんでそんな変なとこばかり。。





海から帰ってきた俺がまた騒ぐ、みんなは笑っていたが、



それどころじゃない、また抜かな。。



俺「また海に消毒行ってくるわ~」


みんな「いってらっしゃーい」



そのあとおけいはんが首を刺されていたが可愛いもんだなって心で思った。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。