--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-03

オーストラリア 9 INシドニー

6年前にワーキングホリデーで訪れたオーストラリア。


ギリホリ(30歳ギリギリでワーホリに来ること)ってやつで、

色んなファームで働いて車買って、

オーストラリア1周して、

それから俺の人生は旅漬けとなっていった。



ずっと行ったことない国ばかり旅をした、30カ国位。


俺の人生観を変えてくれたオーストラリア。


俺は良く変えてくれたと思ってる。


このシドニーから俺の旅が始まった。



そしてまたシドニーに帰ってきた。

(今のシドニーはどうなってるんだろう?!)心でそう思ってしまうよね。




もちろん行き先はキングスクロス。


6年前のキングスクロスはジャンキーが道路の真ん中で寝て、


ストリップ店の窓ガラスが割れ、注射器が落ちていた。


土曜日の深夜は1人がビール瓶を割るとそれが連鎖し、

何百本もの瓶が割れる音が宿まで聞こえ、パトカーのサイレンが鳴り響いた。


とにかく治安の悪い場所だが、シドニーでは宿が1番安いのだ。

ところが、キングスクロスに着いて直ぐに大誤算に気がついた。

(忘れてた。。 年末年始だった。。。!!)


どの宿もベットは空いてないし、

やっと見つけたら1泊100$とかぬかしやがる!

探し回ったが全滅状態。。

Tシャツもびっしょり。

使うことのない捨てれないテント、バックパックの重さが憎く思えてきた。


そうだっ、、!

ちょっと離れるが以前、

泊まったことのあるシティリゾートに行ってみよう。



さっき断られた宿の談話部屋に勝手にバックパックを置いて向かった。



あった!!


潰れてなかった、正直無かったらどうしようかと思っていた。


なんと、奇跡的に1ベット空いてる!

ドミトリー1泊50$、6日分払って300$

高すぎるが文句言えない。



バックパックを取りに戻ると宿の人が荷物の前で仁王立ちしてた。

(うわぁ、怒られそうだなぁ。。)

俺「ごめんなさい、やっと宿探せました。」笑顔をみせ汗を拭った。

何か言いたそうだったけど、宿の人は良かったなって言ってくれた。


この宿も昔、泊まった思い出ある宿。

いっぱいの出会いと別れがあった。

泊まり最中にいきなり宿が潰れて出て行けと言われた伝説の宿だった。

結局、ここは宿として生き続けていたんだ。。



今のキングスクロスはと言うと、

警察やレンジャーが常に見回り昔の治安の悪さが嘘のようだった。

週末は日本人の女の子だけのグループが踊りにこれる程。

まぁ、相変わらずキングスクロスでは何でも手に入るらしいが。



宿には日本人がいなくシドニーに着いてから1人ぼっちだった。


侍もきっとシドニーに来てるはずだが、シドニーは広いしなかなか会えない。


1人って珍しい事だ。


いつも旅は周りに人が居てそれが当たり前になってた。


寂しがり屋なんだって思う、1人でも強くってもちろん思うけど、

やっぱりみんなと大切な人と一緒に笑いたいって。


年越し花火を見に行くのも1人。


オーストラリアの好景気を象徴する昔みた花火よりもでかく綺麗な花火。


あまりにも多い人に疲れてベンチで休んでると、

ケアンズで知り合ったミチ君と偶然の再会は嬉しかったなぁ。




たまたまスーパーのレジでジャンベ使いのソウヘイ君と出会い、

彼とシドニーでバスキングする事になった。



そして侍との再会も近づいていた。

結局のところ旅ってやつはこの普段会えない人達との物語が面白いのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。