--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-16

沖縄 久米島編


プオォーーーーーー!



船が久米島に着きそうだった。


少し強い風を受けながら海を見ていた。



あっ!



鯨だっ!! 鯨は潮を吹き、ゆっくりと姿を現した!

子供鯨だ。




無料のキャンプ場は港からは4キロ位ありそうだった。


買い込んだ食べ物や荷物の多さ。。

(絶対に歩いては辿りつけんなぁ。。。)


誰かに拾ってもらえるのを期待しつつ歩き始めた。



ん。。ウォーキングをしているおばさん達に声をかけてみる。


俺「すいません~シンリ浜ってどこですか?」
   (笑顔大切。。)



おばさん達は強烈な俺の荷物を見るなり目を合わせた。


おばさん1「あんた、車だしてあげねぁよ!」


おばさん2「そうだねぇ~」



沖縄の人って、本当に優しい。


無事に目的のキャンプ場に辿りついた。



キャンプ場の目の前には青い海が広がり、


満ち潮と引き潮では景色を変えた。


引き潮の時は岩場が浮かび上がり、アオサの緑が鮮やかに広がる。


近くの飛行場から青空に飛び立った。


のんびり、ゆっくりできそうな場所であった。





テントを張って4日目、風の強い朝3時頃、、



ビユゥウゥゥ~



突然強い風がテントを揺さぶった、


テントの骨組みが倒れる程、曲がって俺のおでこに当たった。

(なんだっ!台風でもやってきてるのか?!)


さらに激しい風が吹き荒れてきた、



んっ、?!


ポツリポッリ、、


雨だ!!

(この安いテントじゃ、雨風はしのげない。。!!)



まだ外は暗い中、テントをたたみ始め、


近くの建物に荷物やテントをダツシュで運び激しい雨風を見ていた。


空が明るくなっても止む気配はなさそうだ。



突然、出来事は起こった!!



いつも東からか海からの南風が吹き荒れていたが、



風が一瞬止まった、



そして、西からの強烈な突風が吹き荒れた瞬間、



落ち葉や芝生の含んだ水が風に乗り、渦を巻いた。




「ホワイトトルネード」降臨





わ、わわっ、、


竜巻だっ!!! で、でかい!

(ヤバイっ、こっちに来る~!)




俺は壁にカカシの様に張り付いた。



ドビユゥウゥウゥ~!!!! 



足元にあった、箸やら、ザルやら何かが飛んでいってる!



雨風が激しく目も開けれない、必死にしがみついた。



生きてる、、

(ふぅぅ~ 危なかった、怖かった。。)




その竜巻は近くに停めてた車を2台ひっくり返して去っていった。


ずぶ濡れになった物を広げ干していると、




島のお爺、徳さんに俺は拾われ、数日お世話になることになった。



徳さんはブルーシール(沖縄で有名なアイス)の卸しをしていた。


いくつかの店を回り、一緒にアイスを補充して手伝い。



徳さんは車で島を何周もしてくれた。




そんな中、


キュランダ以来、リバーサイドビレッチの村長と奥さんに再会。


沖縄には食べれる野草がたくさんあるのだ、



徳さんは俺と奥さんを野草ツアーに連れていってくれた。



村長はしっかりとサトウキビ工場で働いていた。


(俺も働かないとな。。)



しばらく仕事から離れてしまった。


そろそろ気合い入れていこう。




帰りのフェリーでも鯨が運良く見れた。



最近、色々な事を考えている。


先のこと。


もっと、しっかり、ちゃんと考えていこうと思う。



とりあえず仕事に励みます、今年も立山で働きます。



ちゃんと前をみて、笑顔で生きていきたい。



その先に幸せが待ってると信じて。


頑張っていきます!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。