--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-04

成都編 1

成都まで3000?以上、電車で2泊3日かかった。

ウイグルに行った事で6000?以上の寄り道となり、

体は正直、疲れていた。

成都は昔、三国志の劉備、諸葛亮が治めた、三国の一つ蜀の国。

四川料理でも有名でだいぶ楽しみであった。

三国志は小学校からずっとゲームをしていて、今は三国志11まで続いており

劉備でいつもプレイしていて思い入れがあった。

成都の駅に着き、噂に名高いシムズコージーGH(ゲストハウス)を目指した

案の定、迷ってしまった処、手に地球の歩き方を持ってるおっちゃん発見!!

よしさんのお陰でシムズコージーに着く事ができた。

世界一のGHと噂されるだけある、中庭には庭園があり鯉が泳ぐ。

ビリヤード、卓球、DVDルーム、三国志全巻、ゆっくりスペースがそこら辺にたくさんあり

全ての要望が詰められている宿であった。

沈没注意報全開である。

250人も泊まれる広さで満室状態であった、

満室なのも納得できた、ベットやシャワー、内装、細かいところまでも眼が届いている宿だった。

シンガポール人のシムさんと日本人のまきさん夫婦の宿でどんな人か興味がわいた。

(正直、儲かってるだろうな。。)

儲かってるところのオーナーなんて顔すらなかなか見れないのがオチだろうなと、

ところが全然そんな予想を覆した、寝てる時間があるのか?!ってぐらい働いている。

旅人で宿をやりたいと言ってる人は結構聞くけど、ここの宿を参考にしたらいいだろう、

とても真似できないだろうと思う、朝方4時くらいまで働く姿を見かけたよ。

まきさんは同じ歳でいつも忙しい。

やっと捕まえて、「今度、歯医者さん教えてください!!」

モンゴルでキャラメル食べて銀歯がとれたと話したら

工藤静香のような笑顔だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。