--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-07

九塞溝編

シムズコージーで偶然会ったナオ君まりちゃんカップル。

俺達のオーストラリアにいる友達の友達だったらしく!すぐに仲良くなった

たまにこういった偶然があると世界は狭いと感じるなぁ。

類は友を呼ぶ、仲良くなる友達は似ているのかもしれない。

予定通りにライ君は成都にやってきた。

空港に迎えに行って再会を果たした、ドラクエで仲間が増えた感覚に似ている。

行き付けの中華料理、名店坦坦麺、自信を持って一緒に行ける四川料理。

最近、マッサージもいい。

1時間300円くらいでモミっぱなし、だいぶ旅の疲れも癒してきた。

でもゆっくりもできなかった。

雪の情報があった為、九塞溝にライ君と合流して数日で即向かうこととなった。

九塞溝までの道はそれは悪路だった、

四川地震の傷跡が今もまだ残っている。

橋は全壊、トンネルは潰れ、道の片車線になってる所では土砂崩れを復旧活動をしている。

(復旧までは暫くかかるだろうな。。)

バスが跳ねる、こんな状況でも関係なくバスは九塞溝に向かう、

さすがは中国と思ってしまう。

朝から走り続けたバスは夜に着き、九塞溝は雨だった。(明日は晴れてくれよ!)

朝6時半から行動を開始した。

雨は止んでいたが山にかかる雲は低く天気はすぐにでも変わりそうだ。

さて、学生証の登場だ。

実は成都にいる時に四川大学の学生証を闇で作ってもらっていた。

入場料が学割で安くなるのか?!使えるらしいという噂なのだ。

噂だけでは正直ちょっと見せる時に尻込みしてしまう、

パッと見せ、お金を払おうとすると

「ちゃんと見せて!!」と

だが、なんの問題なく学割価格で九塞溝に入ることができた。(学割でも結構高い)

バスに乗りどんどん登っていくとチラッと景色が見える、

青い!!! 湖が遠くからでも青さが確認できた。

バスを降りると衣装屋が群がってくる、

ライ君が捕まり衣装を着て雪山をバックに写真を撮っている。

おばちゃんが王族のような衣装をライ君から返してもらいざま俺に「どう??試さない???」

と言ってくる、正に5秒前にライ君が20元を払っていたが、「10元ならいいよ!」と言うと

即、「OKOK!!」 

ライ君はボソッと「お、俺、、20元払ったのに。。。」と呟いた横で写真を撮った。

湖はディープグリーンからスカイブルーまで色の深さが違う。

九塞溝の湖は所々で色が全然違いバスクリンを使っている様に鮮やかである。
(本当にすごい綺麗だけど、、不思議だなー。。)

この摩訶不思議な青い湖は俺の世界10選にノミネートされた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。