--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-04

ジャナクプル編 ネパール最終章

ローカルレストランにきている時だった。

隣のテーブルに座るネパーリーが話し掛けてきた。

どのくらいネパールに居るのか?と聞かれ

「約3ヶ月」と答えた。

そう、3ヶ月ビザの期限も迫っていた。

次にどこに行くのか?と聞かれ

「インディア」と答えると、そのネパーリーは少しだけ表情を曇らせ「気をつけろよ!」

と一言いい、もう1度「気をつけろ!」と言った。

モンゴル、中国、ネパールと今までの国は比較的に安全であった。

もちろん身の回りの管理は怠ってはない。

が、正直気持ちが緩んでいる。

インドでは気を付けていても物が一瞬で無くなるとよく聞く話しだ。

インドに近づくにつれて気を引き締める気持ちが高くなってきている。

こんな気持ちは久し振りで、ドキドキもするし、ワクワクでもある。

どんな事が起こるのだろう、今はまったく判らないが激動のインドになる予感がしていた。

カトマンドゥで仲良くなった隊長ともお別れだった。

久し振りに年下で隊長と呼べる頼もしい男であった。

出会いと別れ、それは仲良くなればなるほど辛いものである。

俺達はジャナクプルという町を通って国境を目指す事となった。

ジャナクプルには何があるのかというと唯一ネパールに走る列車があるのだ。

チカがそれに乗りたいと言っていた。

列車は1日3本。

駅のホームは野原のような場所で線路は生活道路として普通に皆が歩いていた。

(こんな場所に列車なんてくるのかなー?!)正直の気持ちである。

1本目がどうやら今日は来ないらしい、かなりいい加減である。

2本目が予定よりかなり遅れて列車はやってきた!

列車の前、横、上、もういろんな場所に人が乗っていて信じられない光景であった。
IMG_0256.jpg

窓が無く、鉄格子になっていて、そこに自転車を無理矢理くくり付けていた。

年季のある列車である。

インドの国境までしか外国人は乗れないのだ、駅を4つくらい列車に揺られた。

速度は10キロくらいだろうか、

かなりゆっくり同じペースで窓が無いから風が心地よかった。

国境前の駅で降りると、近くの村に住むお爺さんの案内でその村に立ち寄った。

観光客など来ないのだろう。

挨拶をしても返ってこなかったり恥ずかしそうだった。

子供はずっとついてくる子もいた。

手作りの家の壁には絵が書いてあり可愛い村であった。

そのお爺ちゃんはその村にある国境に連れて行ってくれた。

野原の先に見える白い建物を指差し「あれがインドの国境だよ」と言った。

しかし俺達は決められた国境しか通る事ができない。

(あの先がインドか。。。)

通ることの出来ない国境を見てインドに近くなってきてると思った。

帰りの列車は電気もなく外も見えず暗闇の中を走っていった。

心地良かった風はもう冷たく、少し寒かった。

(ネパールももう終りか?)

ふとそう思った。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。