--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-27

インド スジャータ村 編

ブッタガヤの町の近くに歩いて行ける村にタケノリカップルと訪れた。

村の名前はスジャータ。

ついついスジャータ(CM)を歌いながら歩いていた。

のどかな風景がひろがった。
P2042073.jpg

タケノリと知り合いのインド人がその村を案内してくれた。

そのインド人は校長先生らしく、彼が作った学校に尋ねる事となった。

(ん、こんな瓦礫の建物に学校なんてあるのかな??)

6畳くらいの部屋に30人くらいぎゅうぎゅうに生徒が熱心に勉強していた。
P2042120.jpg

校長先生が何か授業をしてくれないか?と言うので俺達は順番に先生になった。

俺は日本語の挨拶を教えてチカは蛙の歌を皆で歌った。

タケシ君は生徒に将来どんな仕事がしたいのかと全員に聞いた。

恥ずかしそうにそろっと立っていう子供もいれば、自信強く言う子供もいた。

警察になりたい、村長になりたい、ムービースターになりたいと夢を子供達は語った。

目が輝いていた。

授業が終わり、校長先生は隣の村に花焼酎が有名だと更に案内してくれた。

田んぼの土手を歩き大きな木があった。
P2042156.jpg

農作業をしていたインド人が声をかけてきて、
P2042089.jpg

そのインド人が花焼酎を飲ませてくれるという。
P2042074.jpg

隣村に着き花焼酎をいただこうとすると、子供達が群がり俺達を見に来た。

お金をくれとかチョコレートをくれとか言ってくる。

おお!農作業のおっちゃんが石を持ってその子供達を追い払っている!!

子供達は「きゃー」と笑って逃げていったが、おっちゃんは本気だった。

花焼酎の味はまぁまぁだったかな。

その村では子供達が凧を上げていたり、手作りで弓を作ったりして遊んでいた。

校長先生が言った。

校長先生「さっき見た学校の子供達も学校が無かった時はこの村の子供と一緒だったんだよ」

更に続けた。

校長先生「この村にも学校を作れば子供達も夢を語り、物乞いとかしなくなるんだよね」

校長先生の次の目標は2つ目の学校を作る事だった。

学校で会った子供達は挨拶もできて目が輝いていた。

それを語る校長先生の目もまた輝いていた。

校長先生は近い内に日本人と結婚する。

こんなインド人もいるんだなと感心し、頑張ってほしいと心から願う。

俺達は何もできないけど、子供達にボールペンを買ってあげてねと気持ち校長先生に渡した。

少しづつだけど、知らないところでインドも変わりつつあるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なべちゃん!
いろいろ大変そうだけど、元気そうで何より^^

インドの校長先生の話すごくいいね。
すごくいいよ!!

ところで、みっちゃんに会った??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。