--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-11

インド バラナシ編 2

移った宿はJPMゲストハウスという家族経営の宿だった。

チカが「なべちゃん、屋上に子犬がいるよ!」と言っている。

(犬か。。。噛まれたばかりだしなー。。)

動物嫌いなチカがあまりにも可愛いって言うもんだから、ちょっと覗きに行った。

屋上のドアが閉まってる、

(ん、ドアの下にある隙間から必死に犬が顔を出そうとしているじゃないか!)

ドアを開けると2匹の子犬が尻尾を振りまくりで近寄ってきた。

2匹が足の指をペロペロと舐めてくる。

ちょっと触るとゴロンと腹をみせて喜んでいる。

さらに腹を触ると、気持ちいいのだろうか、ウトウトと子犬は寝だした。

(こんな可愛い犬は見たこと無いぞ。。)

もう犬なんて絶対に飼いたくないって決めたのに。。。

か、飼ってもいいかな。犬。

屋上はPOIを回すには十分の広さで、この宿でPOIが伸びていくのであった。

この宿には楽器を本気でやっている人達がたくさん居た。

斜め前の部屋の光音君はいつも朝から晩までシタールを弾いていた。

光音君の指はそれを物語っていた。

常にマイペースで生きてて一緒にいるとホッとする人だった。


また注射の日がやってきた。

上流に住んでいる為、病院が遠い。

ガンガーが右手に広がりバラナシの町がカーブして見える。

上流からバラナシの町を見るとここはヨーロッパにいるような感覚で不思議な感じだ。

ボートがたくさん見える。

沐浴している人達もたくさんいる。
IMG_0430.jpg

第一火葬場では今日も死体を焼いていた。

その煙がガートを覆いこむ。

その煙を吸いながら歩く。

火葬場の目の前でクリケットを子供や大人が熱中してる。

ぼんやりしてたら玉が当たりそうである。

物乞いもやってくる、しつこい物乞いもたまにいる。

「チャパティー」と言って手を口に持っていく。

必死さがある、目で訴えてくる。

しかし、物乞いレベルがまだまだ低い。

世界中を回って帰ってきた、しんちゃんという友達がいる。

世界から帰りたての姿はそれは小汚く、歯が2本抜けていた。

そのしんちゃんが見せてくれた物乞いの真似が衝撃だったのを覚えている。

ネパール、インドと流れてきて、

しんちゃんを超える物乞いに会ってないのである。

しんちゃんを超える物乞いがいたらあげてもいいよなーなんていつも話してる。

しんちゃんて凄いなとインド来て気がついた。

バラナシでは自炊を始めようと決めていた、さて久々に腕を振るおうかな!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。