--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-18

モンゴル編1

モンゴルの首都ウランバートルに電車は着いた。

外に出ると息は白く冬の始まりを感じた。(やっぱり早く来て良かったな)

あまりの寒さに客引きの車に乗り宿に向かった。

今回、モンゴルでの目的はゲルでの生活とゴビ砂漠に行く事であった。

いかに現地で安いツアーを組むかがポイントになるだろう。 

色々と聞いてみると最低1週間は必要で1日40$もかかるという。

日本からのツアーを考えると安いだろうが先の長い俺達にとってはちょっと高い。
しかし、どこも相場は変わらないのだ。
(妥協するしかないのか。。。)

ウランバートルはロシア色やコリアン色も感じ取れた。
女性は化粧ばっちりでイメージとはちょっと違った。

交差点の真ん中で警察が交通整理をしている、
信号がいつ青なのか、いつも分からず渡る度にヒヤヒヤする。

山田姉妹と合流し街を歩いていると日本語を勉強中の大学生に話しかけられ人の良さを感じ、
買い物に出掛けた。

その時に今回、モンゴルでの旅のキーマン、エンヘさんとの出会いがあったのだ。

買い物で盛り上がっている俺達に気がつき話し掛けてきたのだ。

エンヘさんの案内で初めてモンゴル料理を食べる。

モンゴル料理はとにかく羊、メニューの8割9割が羊なのだ。

エンヘさんにツアーに安く行ける方法を相談をしてみると
彼の友達に車を出してもらえるか聞いてくれるという、

早くも良い風がモンゴルで吹き始めていた。

次の日、むこうから来るエンヘさんの顔色は冴えなく見えた
(こりゃ、無理かな、、あてにはしていなかったしな。。)

ところが、返事はOKで翌朝にはゴビ砂漠へ向かおうとの事だった。

ただ、この時山田姉は迷っていた、安全、信用のあるツアーの方がいいのじゃないかと、
それを口にした時、俺が強引に丸め込め行く形を作ったのだ。
エンヘさんが申し訳なさそうにドライバーにだけは1日8000トグリグ(560円)
払ってくれと言っていた、その安さが俺を強引にさせたのだ。

明日から信じられない安さでゴビ砂漠を目指す事になったのだ。

果たしてこの風がどうなるのかは今はまだ知る由もなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。