--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-27

インド 灼熱の南インド編 最終章

ローカルバスで更に俺達は南に、ゴカルナを目指した。

しかし虹子ちゃんの愛するゴカルナビーチ周りの宿やレストランは閉まっていた。


唯一開いているオムビーチの宿ににリクシャーの人は案内してくれた。

モンスーンの時期が始まりだしていた。

洗濯したTシャツが1晩経っても乾かない位、湿気が酷かった。


ちかの体調が最悪に悪かった。

俺達はオムビーチで波が崩れるのを見ていた。


チカがこの旅初めて日本に帰りたいと口にした。


ザザーン。。

俺はシュワシュワと波が泡になるのを眺めてた。

(日本か。。。)


俺達は最悪な道に進んでいる事にこの時はまだ気が付いていなかった。


厳しい旅だった。

ベットにいた虫にもやられ、暑いし、寝れないし南に来たことを後悔し始めた。

それでも俺達は南を目指した。

もう意地もあったと思う。

あまりにもローカルすぎてバスの切符売りがどこまで行くのかと聞いてきても

俺達は次の町の名前すら分からずバスに乗っていた。

ただ南の最終目的地コーチンと言った。

いくつもバスを乗り換えた。

行ける所までバスにひたすら乗るという過酷な旅だった。

1日4?くらい水を飲んだ。

大きな町に着いたようだ。


マンガロールという町だった。

もちろんガイドブックにも載っていない町である。

そういや、日本人どこかツーリストにすら最近会っていない。

この町は活気があり、やけに人が多かった。

バススタンド近くの宿を当たってみると、どこも高い。

最近はろくに寝ていないし、移動続きでバテバテだった。

宿代、最高350ルピー(700円)の俺達がとうとう贅沢に

初のエアコンの部屋に泊ることにした。

実に600ルピー(1200円)分の価値があった。

快適すぎる! この酷暑の中、こんな贅沢があるとは。。

ビールを買ってきては部屋でTVを見ながら飲む、

マンゴーを?買いして食べまくる。

IMG_1493.jpg

町の人達は俺達が珍しいようだった。

少し照れながら話しかけてくる人もいた。

レストランの店員はどの店も愛想よく優しかった、そして美味しかった。

北インドで食べていた物が霞むくらい本当に美味しい。

食は南に有り。

インドの食を初めて知った気がした。

50cm程の信じられない長さのドーサ(クレープ)

IMG_1497.jpg

チキンの柔らかさ、北では無い海老料理、フルーツジュースも1日何回も飲んだ。

そして何が1番美味いってパラタである。

クロワッサンの生地の様に重なりのあるナン、これがまた最高に超美味い。

IMG_1499.jpg


そして信じられない程、最高に安い。

今までのインドで1番安い町マンガロール。

ツーリストも立ち寄らない町に1番があるのである。

マンガロールからコーチンに直接行けるバスがあるようだ。

エアコン付きのバスで急に快適な旅に変わってきた。

時期さえ選べば間違いなくインドは南がいいと思う。

南インドのバスは日本の深夜バスよりいけていた。

椅子が深く倒れて広く快適で冷房まで効いている。

南インドの方が裕福な人が多いと聞くが、なんとなく頷けた。

看板にコーチンと確認できてきた

(そろそろ、つくな。。 最終目的地、コーチンに。。)

暑いがそれほどでない、インドの暑い場所を過ぎたのだ。

貿易で栄えたコーチン。

3つの地区があり、船で移動するのが当たり前の町。

(あ、自転車乗せてる。。)

たった5円で乗れるのだ。

船の中心にでかいエンジンがあり、大きな音を立てて船は海を走った。

IMG_1527.jpg

船を降りて客引きのリクシャーに乗り宿に向かう、

(高そうだなぁ。。)

今はモンスーンも来てるしシーズンOFFもあり強気に交渉。

普段、1000ルピーもする部屋がなんと350ルピー(700円)になった。

その宿がインドで1番良かった。

水郷地帯(デルタ地帯)川を船で下るバックウォーターツアーに行くことにした。

迷路のような入組んだ川を船頭さんは5?くらい長い棒をうまく使い船を操り進む。

(こんなところでも住んでいる人がいるとは。。)

昼ごはんはバナナの葉に乗ったカレーが出た。

ゆっくりとまた船は川を下って行く。

バックウォーターの旅はのんびりと時間が流れた。

IMG_1543.jpg  コーチン名物チャイニーズネット



俺達の旅もとうとう先が見えてきた。

コーチンで次の国のチケットを手に入れたのだ。

次の国はそう、スリランカ。

たった3000ルピー(6000円)の格安なチケットを見つけたのだ。

スリランカ行きのチケットを手に入れやっとインドを出ると決まった。


長かったインド。

インド、もう2度と来ないだろう。

いや、もう2度と来たくない。

ウンコだらけの道、牛だらけの道、カレーには飽き飽き、他の味を編み出せよ!

人も多すぎる、人と関わらない日なんてなかった。

でも毎日、何かが必ず起こるインド。

飽きはしなかった、楽しかった。

でももう疲れたよ、もう十分。

正直に言うよ、大嫌いじゃー!!

もう絶対にこねー!!!!

でも。。

考えさせられたよ、インド。

ありがとう、さよならインド。


俺達の旅もこれから中東、南米、アフリカ、ヨーロッパ、

夢が一気に膨らんできて胸が躍ってきた。

スリランカは出る、(出国する)チケットが必要と知り、次の国も選択に迫られていた。

チケットを探すとヨルダン経由、エジプト行き、(ヨルダン1ヶ月ストップオーバー)

なんと3万円ちょいで激安チケットが見付かり俺達の旅も加速し始めてきた。

IMG_1592.jpg    バナナの葉にカレー

IMG_1467.jpg   漁師さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。