--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-27

旅の最終章


緑一色の中、コトコトと電車がゆっくり走った。


鈍行電車に乗ってるようだった、椰子の木がたくさん生えている。

椰子の実が黄色でなんだかちょっと違う景色。

たまに小さな町を通り過ぎるとまた緑が広がった。

IMG_1639.jpg


キャンディの町に着くと宿の客引きなど1人も居ないようだ。。

リクシャーに声を掛けられると信じられない金額を言ってきた、

実にインドの2?3倍の値段である。

とても乗る気にならない、(しょうがない、、歩くか。。)


キャンディ湖の近くにある宿にチェックインした。

1000スリランカルピー(800円)情報が無いから安いのか高いのか判らない。

このキャンディはオーストラリアで友達になったウディの故郷であった。

メールをしてみると、彼はドバイに出稼ぎに行っていないようであった。

(残念だ、せっかく会えると思ってたのに。。)

仕事は確かに少なそうであった。

スリランカでも物乞いがいるし、そこらで寝てる人もいる。

IMG_1683.jpg   スリランカの市場

IMG_1684.jpg   マンゴーは緑色





スリランカ料理はどれも辛く油っぽくチカには合わない様子だった。


キャンディ2日目、ボリュームのあるスリランカ料理を食べた後、

チカがものすごく調子が悪そうだった。

ちか「私、吐きそう。。!」

キャンデイ湖にさっき食べた物を全部吐いた。



「はぁ、はぁはぁ。。」


その夜遅く俺は目が覚めた、チカの呼吸が荒い!

様子がおかしい、

熱だ!!

2日間、俺は殆ど寝ず、看病し続けた。

(おかしい、変な熱だ。。 全然下がる気配が無い。。)

始めはコロンボで食べた物で食中毒になったと思っていた。

3日目。

俺「病院いこうか! 何かやばい感じがする。。」

ちか「うん。。。」

滅多に病院なんか行かないチカがあっさりと頷いた。

病院に着くとチカの容態は更に悪化した。

体全体が痺れているようだった、寒気で唇が白くなっていた。

(やばい、早く診てくれよ!!)

くそっ、自分の無力さを感じる。

70歳を越えているだろう、白髪の先生は「入院しなさい!」と言ってきた。

チカは高いから入院はしないと言ったが、とりあえず入院することにした。

俺は病院にあった体重計に乗った。

(俺。。9?も!!痩せていたのか。。。。。。)

過酷なインドの旅は俺達をボロボロにしていた。

この時、俺は先を考えた。

ヨルダン、エジプトのチケットを持っているが中東もこれから夏である。

インドより暑いかもしれない。

(無理かもしれない。。こんな状態で行けるのか?!)

思い起こせばチカの調子も2ヶ月位悪いのが続いている。

(無理してもしょうがないしな。。)

白髪の先生「血小板の数値がすごく少ないわ」と診断した。

俺は判らず、ネットで調べると、、

愕然とした、

(まさか、、白血病。。?!)  寝不足もあった、ぐらっと倒れそうになった。

俺「ちか、日本に帰ろう!」

俺「日本でちゃんと調べよう!!」

ちか「でも、南米は? 中東は?」

(そんなボロボロで何言ってるんだ。。)

弱りきったチカを見て、俺にもう迷いは無くなってきた。

(日本。。帰るしかない!!)

その病院の看護婦が言った一言がむかついた。

看護婦「日本人はみんな金持ちなんでしょ?なんでお金の心配してるの?」

俺達は入院費の安いとされる国の病院に移ると言って無理して退院した。

国の病院はそれは酷かった。

難民キャンプのようで、惨い状態であった、

地べたに何人も寝かされていた。

(こんな所にいたら、チカが死んでしまうかもしれない。。)

本気でそう思った。

バスでコロンボに戻ることにした。

チカの状態は歩くのがやっとの状態であった。

選択1つで取り返しのつかない気がしていた。

バスで1回チカは吐いた、3時間、長いバスの時間だった。

コロンボに着くとチカは階段が登れない程、歩けない程、弱っていた。

(こんなんじゃ、日本に帰りたくても、とても帰れる状態じゃない。。。)

俺「病院行こう!! お金とかどうでもいいから、行こう!!」

ちかは頷いた。。

IMG_1704.jpg


コロンボに無理して来たのが選択のミスかと思えた。

だが、コロンボの病院は設備がよく、チカの症状が見えてきた。

ただ英語での会話がさすがに厳しい。

血の数値が尋常じゃないほど高いようだ。

1日入院すると病院にお金を払えと支払い書をくれた。

(た、、高い!!)

1日3万円近い。

俺達はいつも海外旅行の時、海外保険なんて入っていない。

会話もままならない状態でこの入院料。。

1日も早く日本で病院に入院させたい、でも焦って退院しても。。

俺達は話し合った末、先生に無理を言って3日で退院した。

今思えば、もう少し入院しても良かったと思う。

正しい判断が出来ていたのか今でもはっきり判らない。


とにかく日本に帰りたかった。


退院した翌日に飛行機で日本に向かった。


壮絶な飛行機の時間だった、もう、とてもじゃないが書けない。

ちかが薄く見えた、消えてしまうんじゃないかと思った。


何度も涙がでた。


辛かった。


心臓が痛かった。



俺達は今、日本にいます。


チカの病名は急性肝炎。

帰国後即入院したチカも無事退院することができ、

今やっと落ち着く事ができたところです。

かなり元気になってきてます。

これを読んでる人達へ、心配掛けました。


チカが元気になればなるほど俺は何故か腑抜けになってきてる。

自分の弱さをすごく知った。

正直、情けない。

先は何も決まってません。


急に終わってしまった俺達の旅。



俺の魂は今どこでどんな旅をしてるのだろうか。。。。


魂を置き忘れた俺は、俺はどうしたらいいのか。。。


チカとこれから先を決めようと思う。


最後に、

ブログはこれにて終了となります。



読んでくれてた人、ありがとう!






俺、


やっぱり、


旅したいです。。。



                         完

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お疲れ様。また次があると思うよ。その気持ちを忘れなければ。

No title

なべちゃん、ちかちゃんお疲れ様。

旅はあくまで健康あってのものだからね。正しい決断をしたと思うよ!
生きていれば必ず次があるから!!!

まずは生駒でゆっくりしておくれ!
本当におつかれさん!!

シンヤ

No title

ぐぉーー!!
超心配したよー
無事でよかった!!!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ハローーー!!!!!
昨日夜中に久しぶりに日記だ!!っと思ったら

恐ろしいことになってたのね!!

びっくりしましたが、何よりもチカちゃんがよくなってよかったね!

いつもは全く気にしないんだけど、体調を崩した時になって
はじめて健康がどんなにありがたいかとか、その人が
自分にとってどれだけ大事だったかとかを、気づかせてくれるよね。

突然の変更で少なからず戸惑いもあると思いますが
結果をみたら一目瞭然で、今そうなったから次こう出来た!!!

っていう、すごく勉強になったのでは。っと思うとすごく今回のことも
2人の人生にプラスだったと思えたらこれ幸いです。


っとえらそうな事をいってますが、あやこは今日本だし、美しい所で
それはそれは、ノラクラ生活をしていて、あなたたちの日記を
読むだけでも、すごくワクワクしました!!

毎回素敵な文章をどうもありがとう!!!!!


そして、あやこ教が思うに、これは全くの終わりなのではなく
また新しい、例えば・・・オーストラリアから帰ってきたときのような・・・。

一つの章が終わってもそれは、点であって、ピリオドではないし
日本に帰ってきたことで見える景色や思いや今だから出会える人や
そうゆう可能性は無限にあって、そしてあなた達のハングリー精神
ったら、「どこでも生きていけますね・・・」なみの
楽しいことを心に持ってる2人ですから、また日記楽しみに
しまくってます!!!

来月しんちゃんが山に来るって行ってたよ!!
あなた達もぜひ遊びにおいで!!!


最高美しいから!!!  

無事でよかったわ

いや、かなり見ていてびびったけど無事でなによりやね。
まずは、健康が一番だから。

健康だったらまた、旅いけるしね

いや~本当よかったわ。

なべさーん!ちかさーーん!!
無事でよかったっす!

読みながらハラハラしちゃいましたよ


今回は日本に呼ばれたんでしょう
やっぱ健康が第一っすね


元気になった2人のこれからも楽しみにしてますよ~!
そして会いたいです


もし年内まで日本にいるなら会いに行きたいです!
チャリンコで

No title

びっくりしたよ!

でも、とりあえず日本でちゃんと診てもらって、退院できてよかったね。

健康な身体あっての、旅だからね!!

No title

天津行きの船で会いました双子の片方です。

久しぶりにブログをのぞき、
一か月遅れでお二人で帰国されたことを知りました。

とにかく、ちかさんが無事でよかったです!!

また旅に出るときは、
ブログ書いて下さい!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。