--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-22

グアテマラ編 1

オワハカを出た俺達はバスに乗り国境の町を目指した。

大体の旅人は途中の町にクッションを取るが一気に大移動する。

俺達の乗ったバスはとんでもなく汚くボロかった。

椅子は倒れない椅子もあり、窓ガラスはヒビが入りまくっている。

エンストも何回もしている、

いったいこのバスはいつ休憩で止まるのだろう?!

結局深夜に1回止まっただけで14時間走り続けた。

ケツが痛い、テツが凄く痛そうにしている。

バスターミナルに着き

国境までは結構遠そうであった。

タクシーの客引きは一人30ペソでいいと言っているが、

どの位遠いのかもわからないから安いのか高いのかも謎である。

乗合のマイクロバスがたくさん走っていた。

タクシーの人に聞いてみるとあのマイクロでも国境に行けるみたいだ。

マイクロバスに尋ねると1人12ペソで乗れるらしい。

マイクロバスは1時間位、めちゃめちゃ飛ばして(120キロくらい出てたと思う)

走り続けた。

(風が気持ちいい。。。)

汗だくである、アジアを旅してる感覚に凄く似てる。

国境の町に着くと直ぐに両替しないかと人が群がった。

P1020341.jpg国境の町にはリキシャがあり、アジアのよう。


グアテマラはケツァールというお金にかわるのだ。

安易にお金を替えた後、ガイドブックで調べると、、

やられた! だいぶピンハネされている。

直ぐに追いかけそいつに返せ!と言うと、

1人のメキシコ人が返してやれと、そのメキシコ人が取り返してくれた。

そのメキシコ人はさっき替えたレートの1,5倍でいいよと両替してくれた。

ちゃんとしてる人もいるんだな?と感心しつつも、

やはり国境では悪い奴に気を付けないといけないなと思った。

国境での手続きは実に簡単で、俺達はグアテマラに足を踏み入れたのだ。

グアテマラに入るとやたらと後をつけてくる奴がいたりして

正しくアジアの匂いがプンプンする。

俺達はケツァールテナンゴ、通称シェラという町を目指している。

その町でスペイン語の勉強をしょうかと予定していた。

国境からマイクロバスでバスターミナルに向かわないといけないらしい、

1人10ケツァール(120円位)マイクロバスは1時間位走った。

グアテマラでみる景色はネパールやインドそのものであった。

家畜を育て、家も手作りのもチラホラ。

川で洗濯をし、河原の石の上にたくさんの洗濯物が干してあった。

メキシコとは明らかに生活レベルが違うのだろう。

サボテンなどまったく見当たらず少しメキシコが懐かしく思えた。

マイクロバスを降り、テツが50ケツァールを払い、おつりを貰おうとすると、

おつりをくれない! 荷物代が20ケツァールするなどと言っているようだ。

(めんどくせぇ、、)

アジアでよくあるお金の揉め事、ここグアテマラでもあるのか。。

メキシコでは荷物代なんて取られたことなど無いと言ってもニヤニヤと笑っている。

テツが歩み寄り返せと言うとそいつは少し顔色が変わった。

シェラ行きのバスが見えていた。

バスはクラクションを鳴らしている、(そろそろ出るのかもしれない。。!)

俺「もう行こう!てつ!めんどくせぇ!」

俺はドライバーに手でどっかに消えろとジェスチャーする。

そいつらはタイヤの音を立て去っていった。

シェラ行きのバスに乗ると直ぐにバスは発車した。

もう20時間は移動している、飯も1度も食べていない。

ケツも痛いし、疲れてきた。

1度バスを乗り換え3時間位かかりシェラに辿り着いた。

市場の目の前に降ろされたくさんのフルーツや野菜が売っていた。

P1020358.jpg活気のある市場。

俺達は市場を突っ切り宮殿から出るバスを目指した。

P1020387.jpg24時間ぶりに食べたのはスイカの輪切り(12円)

市場で写真を撮りまくりながら歩いた。

今思えば、なんでアジアそっくりなあの市場を撮りまくっていたのだろうと思う。。。

シェラで有名な宿、タカハウスに着き大失態に気が付く。

か、か、、カメラが無い!!!

市場でスラれたのか、さっき乗ったバスで落としたのか?

真相は闇の中。

まだ旅し始めて1ヶ月経ってないけど。。メモリーカムバック!

写真は豆にパソコンに移すことを心に刻もう。

タカさんは優しく、バス乗り場に付き合ってくれたが、

何百台も走るバスの中見つけるのも不可能に近く、(見つかる訳ないが、探した)

諦め、新しいカメラを買うことにした。。。

P1020449.jpgグアテマラの屋台で食ったおいしいウインナー!
















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。