--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-27

オーストラリア 2 IN キュランダ



オーストラリアに来て10日目、



ケアンズから南のローカルビーチで日食を見た。


POIの愛弟子、岡ちゃんと仲間達と。



太陽が無くなる瞬間、海、空、大地は見たことない別世界と化した。

(想像以上だ。。!)




また見てみたい、、、


(また絶対に世界のどこかに日食をみにこよう!)



メインイベントの日食も見たことで先を迷っていた。




そんな中、


キュランダという町でブッシュキャンプをしてるノボル君夫婦に出会い


おしゃれな電車の走る、大きな川が流れる横の森で野宿生活が始まっていった。



ノボル君夫婦が俺達の村に名をつけた。



「ザ、リバーサイドビレッチ」



生活は楽ではなかった、朝は駅に水を汲みにいき、



夜になる前に薪を拾い毎晩火をおこし、その火で夕飯を作った。



風呂は2,3日に1回、キャラバンパークに忍び込み浴びた。


夜は何も見えないくらい真っ暗で色んな鳥や動物の鳴き声が響いた。


始めは茂みから聞こえるガサガサという音にびびっていたが



慣れてくると虫の鳴き声や川ででかい何かが跳ねてる音、



楽しみながら蛍の光をみて自然に溶け込んでいった。



気が付くと1週間が経ち、どこから聞きつけたのか、


村に色んな人達がやってきて去っていった。



そして村長のノボル君夫婦は俺を2代目村長に任命し、

とうとう日本に帰っていった。

(これから一人か。。)



淋しくなったものだ、、

ん。。?


近くに新しい住民がやってきたようだ、




ん、んんん????


チョンマゲ?


侍?!



新しくやってきた人達に髷を結ったお侍様がおる!!

あ、確かケアンズで噂を聞いた事があるぞ、、、



今オーストラリアで一番旬な旅人、


侍鈴木が、このザ、リバーサイドビレッチにやってきたのだ。




1ヶ月で出る予定のオーストラリア、

長くなる事をまだこの時は予想すらしてなかった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。